スパークリング

ワインとブランデーの関連性

ワインとブランデーの違いというものは、なんでしょうか。
ブランデーはなかなか飲むということはないと思いますが、実は深いワインと関係があるのです。
ワインというのは、ほかのリキュールなどと一緒に発酵させただけです。

度数もそんなに高くはありません。
一方、ブランデーはワインを蒸留したもので、醸造酒を蒸留することによって、蒸留酒となります。
アルコール度数は高くなります。

そもそも、ビールなどの種類は醸造酒で、そこから蒸留すればブランデーやウィスキー、ウォッカなどになります。
ワインはブランデーと深い関係がありますが、ビールを蒸留するとウィスキーに、そして日本酒を蒸留すると焼酎になります。
前述したように、蒸留したものは比較的アルコールが多く含まれているので、酔いやすい場合が多いです。

よくケーキにブランデーを使いますが、これもぶどうの甘味やコクなどが生かされていて、ケーキをフルーティーに仕上げてくれるのです。
また、甘味だけでなくフルーツの酸味も含んでいるのでお菓子にはもってこいなのです。
ワインは飲んでもおいしいだけでなく、ブランデーとして食べ物に加えてもおいしくいただけるので、ワインとブランデーは切っても切り離せない関係なのです。