スパークリング

赤ワインと白ワインの相違点

赤ワインと白ワインの違いですが、使うぶどうの種類によって違ってきます。
赤は赤い皮のブドウを使っていますが、白は皮ではなく、果汁を入れて発酵させたものです。
よって、皮の色は特に違いがありません。
赤に関しては、皮だけでなく果汁も一緒に醗酵させます。
皮の色素がしっかり液体やアルコールにしっかり入れ込んでいくので、赤い色がばっちりつくのです。
使う黒ぶどうの種類によっても、赤の色の濃さが変わってきます。

白ワインでは一番典型的なのがシャンパンです。
シャンパンというのは、黒い蒲萄を利用してはいるのですが、赤い色はついていません。
これはしっかり黒ぶどうのエキスを抽出し、発酵させているからです。
赤はアルコール度数も高く、白は低く仕上がっています。

また、味に関してですが、赤ワインは比較的皮や種なども一緒にしぼりとるので、渋さなどが一緒に抽出されます。
なので、独特な苦味があるものに仕上がるのです。
赤ワインが好きな方は、この渋みがたまらないようです。
また、ポリフェノールが多く含まれているのは赤であり、栄養もしっかりあります。

逆に白ワインは果汁だけなので、蛋白であっさりとした風味に仕上がります。
初心者の方は白から試していくと飲みやすく感じるはずです。