スパークリング

ワインの原料と種類について

ワインの原料は葡萄なので主に果実酒に分類されます。
果実を原料としてつぶしたり、発酵して作られますがある程度アルコール度数が高くないと腐る場合があるので、水で薄めたりはせず、原料の果実だけで醸造します。
葡萄を使わずに他のオレンジやレモン、リンゴなどを原料とした場合はフルーツワインという名前がつきます。

ワインの種類はさまざまあり、普通の何も炭酸が入っていないものは非発砲、スパークリングの場合は発砲など名前がついています。
特に発砲の場合は地域ごとに名称も違い、フランスではムスーと使ったり、イタリアではスプマンテといいます。
次に、酒精強化タイプというものがあります。
これは、アルコール度数が通常よりのものよりも高く、シェリーなどがあてはまります。

また、香り漬けするための薬草等でつけこんだものをフレーバードと言います。
つけこむ薬草はさまざまなハーブが一般的で、比較的飲みやすいサングリアなどをさします。
基本的に赤は黒色のぶどうを原料として果実そのものをすべて発酵してしまいます。
白は逆に果汁だけ発酵させるために、さっぱりした風味に仕上がることが多いです。
ロゼはいろいろな醸造方法をミックスして作られます。