スパークリング

ワインの保存方法の詳細

まず、ワインの保存に関して2種類あると思います。
一つ目は、家庭で飲むために保存する方法と、もう一つは何か特別なときのためにとっておく場合です。
いずれにしろ、瓶のふたをあけていなければ、常温で保存はできます。

空けてしまっている場合は必ず冷蔵庫に入れなければなりません。
冷蔵庫に入れないと、ワインはぶどうなどのフルーツからできているので、必然的に時間がたつにつれて腐ったり、傷んできてしまうからです。
ワインの保存パターンの一つ目の場合は、まず瓶を横にするのは厳禁です。

横にしてしまうと、気温の変化で中の気圧が変わってふたがすこし緩んできたりします。
特にコルクの場合だと気圧で瓶の奥に入ってしまったり、逆に押し出されてしまう場合もあるからです。
よって、必ず縦にして保存してください。

基本的には冬も夏も常温で保存をして大丈夫なのですが、湿度が高いところが避けるのがおすすめです。
湿度が高いところに保存すると、基本的にコルクが湿ってしまい、空けづらくなったりします。
長期で保存する場合はこちらもあまり温度差のないところで、涼しい場所で保存するのがおすすめです。
よく洞窟などで保存している風景を見ると思いますが、四季通じて気温が一緒のところに保存するといいでしょう。