スパークリング

フルーツワインの詳細

フルーツワインというのは、赤や白、ロゼなどよりは飲みやすく仕上がっているものです。
赤をベースにフルーツを使ってしっかり味付けしたものがサングリアです。
レモンとオレンジ、またはピンクグレープフルーツなどさまざまな柑橘類を使うとより味わいが出ておいしく仕上がると言われています。

フルーツが入っていることで、アルコール度数も必然的に抑えることができるので飲みやすいものに仕上がっています。
最近はさまざまなものが出ていていちごやレモン、マンゴーなど飲みやすいものが使われています。
主にぶどう以外の果実を用いており、食前酒として使うカクテルに使用されることが多いです。

具体例をあげると、キールがそうです。
白ワインにカシスのリキュールを加えると、さっぱりとした風味の中に甘さが加わっていて飲みやすいため、さまざまなホテルなどのコース料理の食前酒として使われます。
カシスを少なめにすると、辛口となるので甘い風味が苦手な方は調整できます。
また、実際に蒸留したり、グラスに氷を入れる必要もないので簡単につくれます。

フルーツワインには他にもキールロワイヤルなどもあげられます。
バラエティ豊かにつくることができるのが特徴です。