スパークリング

ワインの健康効果の詳細

ワインは健康にいいと言われていますが、どのような部分でワインは健康的なのでしょうか。
大きく分けると2つあります。

1つめは老化防止、そして2つめは生活習慣病の予防です。
まず含まれているものがよく、抗酸化物質という成分が大きな役割を果たします。
発酵飲料なため、美容にいいとも言われています。
美容の成分は主に乳酸があります。
これを含んでいるために、肌の劣化を防いだり、代謝をよくしてくれて高齢になることによって運動量の低下で代謝が悪くなったり、肌にハリがなくなってくるということを防ぐことができるのです。
これが老化を防ぐということです。
また、血液の流れをよくしてくれる働きもあるため、老化によって必然的に血液が淀んで通りにくくなり、血栓になるということも防ぐことができます。

2つめの生活習慣病予防にも関係のあることですが、基本的に血液の流れを良くして、不要物を外にしっかり排出するという仕組みがあれば、生活習慣病にはなりません。
動脈硬化や悪玉のコレステロールは活性酵素という成分からおきます。
活性酵素が出てくるのは過度なストレスや疲れなどです。
これをワインは抑えてくれる働きがあります。
もちろん、お酒ですので飲み過ぎは厳禁ですが、週に2回など、回数を決めて摂取すると体にもいい効果が得られます。