スパークリング

ノンアルコールのワインの詳細

妊婦さんや薬を飲んでいてなかなかお酒が飲めないけれど、ワインは好き・・・という方いらっしゃるのではないでしょうか。
そんなときに、ノンアルコールのものがあるんです。
大きくわけて2つあり、1つめは普通のワインを造り、そこからアルコールを取り除くという方法です。

もう一つは、もともとアルコール分を作らずに味付けをして風味をしっかり出しているというものです。
また、ノンアルコールの場合はわずかにアルコールを含んでいる場合もあります。
1%くらい含んでいても、ノンアルコールといえます。
よって、ドライバーは注意が必要です。

作り方の1つめで言うなれば、アルコールを含んでいるものから取り除くというものですが、蒸留して減らす方法や、アルコールと水分をそのまま除くものなど、いろいろあります。
また、2つめのものは、果汁の糖分を減らしたり、発酵を途中でやめながら、アルコールの成分を含まないように作るものがあります。

ロゼも白も、赤ワインもすべてノンアルコールのタイプがあるために、さまざまな味も楽しむことができます。
ビールのようにノンアルコールだと味がない・・・ということも少ないのが特徴です。
しっかり本場の味を楽しみつつ、お酒が弱いことを気にしなくていいのがノンアルコールワインのいいところです。