スパークリング

ワインの歴史の詳細

ワインはビールや日本酒、焼酎などよりも古いお酒として知られています。
白、赤、ロゼと分類されるものが多いですが、基本的にロゼが新しいと言われています。
白と赤はとれるぶどうの種類によっても違うため、地域によってしっかり生産が分かれていたということです。

また、ワインが発祥したのは旧ソ連という説があります。
リトアニアやアルメニアなどから、紀元前8000年頃からワインが飲まれていたという書物なども残っているだけでなく、醸造場所が移籍として発掘されたということもあります。
しかし、その頃はまだ有名ではなく、一部の地域でしか広まっていなかった文化ですが、旧ソ連からヨーロッパへ徐々に広まり、それに起因したのはエジプト時代に地中海に多くの輸出が広がったからだと言われています。

フェニキア人という人種が運んだとも言われていますが、真相ははっきりとわかっていません。
地中海に運んだことがきっかけとなり、今でもしっかり地中海気候の地域はワインの生産量が盛んになっているという証拠があります。
また、独自に地域で生産していたという情報も残っており、古代中国でも生まれていたということだが、それもまだ未確認なところが多々あります。