スパークリング

ワインの製造方法の違い

ワインの種類にはさまざまなものがあり、4つに分類されます。
主なものはスパークリング、スティル、フォーティファイド、フレーヴァードですが、ここへフルーツを入れるとカクテルのような風味になります。
最初のスパークリングワインとスティルワインでは、炭酸ガスが含まれているかいないかということだけで判断するというものがあります。

そして次のフォーティーファイドワインでは、ブランデー等を含んでアルコール度数をあげている醸造方法をとっています。
また、フレーヴァードワインは、ワインに独自の風味、例えば果実や香辛料などを含んで味付けをするかということがポイントとなってきます。
香りが大変いいので、カクテルにも使われたり、料理の香りづけとして使われるという場合も多いです。

ちなみに、香りは基本的には薬草など天然成分に由来していることから、体に害があることはまずないと行って良いでしょう。
最後にフルーツカクテルなどに使われる、ぶどう以外の果実を加えて作られるのがフルーツワインです。
リンゴやオレンジ、マンゴー、カシスなどはこれにあたり、日本では居酒屋などでよく目にするものです。
以上の4つの種類にわけられ、製造方法によって味もだいぶ変わってきます。