スパークリング

ワインを横に寝かせる理由

ワインは横に寝かせて保存しておくといいと言われますが、その理由はなんでしょうか。
ワインのボトルを横に寝かせるのは、コルクを湿らせておくためです。
どうしてもコルクが乾いてしまっていると、瓶が開きやすくなってしまいます。
乾燥すると基本的にコルクは縮んでしまいます。

そして酸素に触れてしまうとワインのアルコールが飛んでしまい、気が抜けたような風味になってしまいます。
長時間しっかり保存しておくなら、横にしていくことが大切です。
飲み残したものは基本的に横に寝かせてしまうと、空気があらかじめ入ってしまっているのでコルクが湿っていたとしても効果がない場合があります。
コルクが使われている理由は、過度に空気が入らないようなしくみになっているからです。
空気に幅広く触れてしまうとアルコール自体が酸化してしまいます。

横に寝かせる場合はあまり傾けずに、平らなところにおくといいです。
また、風通しのいいところにおいておくことでカビが生えずにすみます。
平らなところに置くことで瓶が割れるのを防ぐこともできます。

また、コルクをはめこんだときに、コルクから漏れ出したワインや水分などによってカビが生えてしまうという事例もあります。
これが未開封だった場合は、中面にカビが生えている場合が多いです。
そんなときはよく拭き取って飲めばまったく問題がありません。