スパークリング

ワインの有名な産地

ぶどうが作られているところは日本ならば甲州ワインが有名な山梨県ですが、世界各国ではさまざまなところで作られています。
特にぶどうがよくとれるところですが、とれるぶどうの味によってできるワインも違います。
基本的に地中海に面したヨーロッパ各国が産地と言われています。
スペインやフランス、ドイツ、イタリア、スペインなどがその典型的な例であり、スパークリングワインやシャンパンが有名です。
特に、ドイツではライン川に面したところにたくさんぶどう畑があるので、そこで白のぶどうがとれます。

また、ヨーロッパだけでなく、最近ではアメリカやアルゼンチンなど北アメリカや南アメリカが生産量の上位にランクインするようになっています。
アメリカも温かい気候のところによく産地があり、カリフォルニア州が有名どころです。
地域によってチリなど南アメリカでは辛口のものがとれたり、ヨーロッパなどはサッパリした風味のものがとれたりと幅が広いです。

世界的に見て、やはり海があり、近くにはしっかり山がそびえている地域は基本的に海からの湿った空気が山にあたり、雨を降らしやすいと言われています。
雨がたくさん降るところには、ぶどうも生育しやすいのでこれは生産国の基盤と言えるでしょう。